tranning’s diary  「旅のフォトコラム」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。

プラナヤコーン洞窟、クーハーカルハット宮殿〜ここに来たいが為に今回の旅は、ホアヒンに来ました!!

 

f:id:tranning:20181206084958j:image


カオ・サームローイヨート国立公園 にあるプラヤナコーン洞窟の中のクーハーカルハット宮殿。


絶対に覚えることが出来ない地名なので、このように書き留めておくことで、あとで見ても分かるように。


死ぬまでに見ておきたい場所、自分の場合はありとあらゆる処に行きたいので、全部行くのは絶対に無理かも、なので死んでからも見に行きたいです。


そんな場所がここ、タイにこんなに場所があったのかと、知ったのも最近でした。


なので今回ホアヒン行きを決めたのも、ここに来たいが為。


ただホアヒンから約60km離れているので、とても往復120kmを自転車では無理。


着いてからもトレッキングになるので、ホテルからのツアーという形で申し込みしました。


ただツアーと言っても1人だけで、RV車を使ったドライバーだけの送迎、同じだがタクシーを使うというのがいやだったので。


往復で1700バーツ、片道1時間、現地で2時間半、ホテルを9時に出発して帰って来たのは13時30分。


車で行けるのは、バンプービーチというところまで、そこで国立公園エントランスフィー200バーツと40バーツの自然保護と保険みたいのを取られた。


途中のビーチまで、船でも行けるがこれ以上の出費を避けて歩いて。


ビーチまで2kmでしたが、それからの洞窟までの登りの方がきつかった。


汗がしたたり落ち、全身ビッショリになったが洞窟に入って宮殿を見た時は鳥肌ものでした。


洞窟の上からの光が、宮殿の屋根に当たり幻想的。


タイに来る方は絶対にここに来て、タイを語ってもらいたい場所です。

 

f:id:tranning:20181206085049j:image

 

 

f:id:tranning:20181206085107j:image

 

 

f:id:tranning:20181206085216j:image

 

 

f:id:tranning:20181206085255j:image

 

 

f:id:tranning:20181206085324j:image

 

 

f:id:tranning:20181206085352j:image

 

 

f:id:tranning:20181206084824j:image

 

 

f:id:tranning:20181206085456j:image

 

 

f:id:tranning:20181206085531j:image

 

 

f:id:tranning:20181206085608j:image

 

 

f:id:tranning:20181206085728j:image

 

 

f:id:tranning:20181206085756j:image

 

 

f:id:tranning:20181206085830j:image