tranning’s diary  「旅のフォトコラム」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。

スラタニーからバンコクは9時間かけての列車の旅

スラタニーからバンコクは、スプリンターという気動車の特急。

スラタニーを10時40分に出発して、バンコクに19時
45分着、10〜15分遅れたので約9時間15分の列車の旅でした。

今の日本では同じ列車に10時間近くも乗ることは出来ないでしょう。

スラタニーの街からトレインステーションまでは少し離れているが、20バーツの路線バスがありそれを利用して。

列車のチケットはすでにバンコクを発つ前に買っておいたので、これが正解。

スラタニーを出る時は空いていたが、途中ひっきりなしに乗ったり降りたりするので常に満席。

その割には3両編成しかなく、行きもこの列車の下りを利用しようとしたが、前日満席だったのが理解出来た。

鉄道は料金がタイの場合はバスよりも安いので、外国人はほとんどこの路線乗らないが、地元の人が利用してる。

608バーツだったが、何とこの運賃の中に昼の機内食風の列内食と15時にはお菓子と飲み物サービスがあった。

バンコクに着いたのは夜遅かったので、この日は翌朝直ぐパタヤに向かうので、ファランボーン駅目の前の1泊千円のドミトリー。

駅前ホテルが移動も楽で、他に交通費がかからないので1番いい。

今回の旅で最初に泊まったのが、隣の2千円で朝食付きのホテルがあり、その隣にはかつて 仕事で当時1番取り扱いが多かったバンコクセンターホテルが。

今や中国人の団体客がほとんど、その当時で3千円しなかったと思いますが、こんなホテルプライベートでは絶対に泊まれないよねと言っていたが、今では喜んで勿論泊まれますがそこまでの予算がありません!!

 

f:id:tranning:20180602130452j:imagef:id:tranning:20180602130516j:imagef:id:tranning:20180602130537j:imagef:id:tranning:20180602130606j:imagef:id:tranning:20180602130624j:imagef:id:tranning:20180602130639j:imagef:id:tranning:20180602130657j:imagef:id:tranning:20180602130730j:imagef:id:tranning:20180602130745j:imagef:id:tranning:20180602130754j:imagef:id:tranning:20180602130803j:imagef:id:tranning:20180602130810j:image