tranning’s diary  「旅のフォトコラム」

   旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録を画像中心で掲載しています。

世界3大登山鉄道の一つ「阿里山森林鉄路」の「阿里山号」乗車!!「嘉義駅」~「奮起湖駅」迄

「阿里山森林鉄路」の「阿里山号」に乗車体験をしました。 // 「阿里山森林鉄路」の全長は71.9km。 1905年から6年の歳月を費やして1911年に完成。「Z」型に進むスイッチバック方式とループ式が特徴的とされ、急勾配の連続する鉄道として世界3大登山鉄道の…

「嘉義車站(Chiayi Station)」~「阿里山森林鉄路」の「阿里山号」乗車まで 

「嘉義駅」から「阿里山森林鉄路」に乗車しました。 // 但し全線でなく、今現在運行しているのは「嘉義駅」~「奮起湖駅」までの区間だけ。 それも平日は9時発の一本のみです。 「阿里山森林鉄路」 「嘉義駅」 ~「奮起湖駅」 「嘉義車站」はまだ昔からの古…

「阿里山森林鉄路 北門驛」およびその周辺~レトロな檜の木造駅舎と戦前にタイムスリツプした様な雰囲気。。。

「阿里山森林鉄路車庫園区」の先には、阿里山森林鉄路の「北門駅」があります。 // この駅舎の色合いといい、雰囲気といい正に日本の昭和のそれも戦前から変わっていないという感じの駅舎、台湾では日本以上に日本の古き良き時代のものが残っています。 「阿…

鉄ファン必見!!「阿里山森林鉄路車庫園区」 ~「嘉義」での早朝散策がてらに行って来ました。

「阿里山森林鉄路車庫園区」に嘉義での滞在の翌日の早朝に行ってきました。 // 「阿里山森林鉄路」は、実際に乗車してきましたのでこの模様は後日にしますので、まずは車庫ならびに車両の展示物をご覧ください。 「阿里山森林鉄路車庫園区(Alishan Forest R…

「嘉義(Chiayi)」と言ったら今は、そう「KANO」、街の中心の銅像も。。。

「嘉義(Chiayi)」の象徴と言えば、今はこの銅像が真っ先に出てきます。 // それだけ有名になった映画「KANO」の舞台。 「中央噴水池」 の「KANO」の銅像 in 「嘉義(Chiayi)」 毎年夏は高校野球で盛り上がりますが、以前はブログで地元の埼玉大会の様子を…

「噴水鶏肉飯」~「嘉義(Chiayi)」に来たら絶対にこれを食べなくては!これ実は⁉

嘉義にきたら食べたいもの、それは…「雞肉飯」と決めていました。 // ここ「噴水鶏肉飯」は鶏肉飯の発祥店だそうです。 「噴水鶏肉飯」 in 「嘉義(Chiayi)」 「噴水鶏肉飯」は嘉義市内には何店舗かあるようですが、ここが店名の由来にもなっている噴水の交…

「嘉義(かぎ Chiayi)」に着いてからは~まずは「文化路夜市(ぶんかろよいち)」へ。

「ニ水」から区間車(普通列車)に乗って、台湾の中核都市のひとつ「嘉義(かぎ チャーイー)」に行きました。 // 台中ほどではないが、彰化よりは大きな街。 集集線で時間を費やしてしまったので、着いた時はすでに薄暗くなっていました。 「嘉義(Chiayi)…

「ニ水(Ershui)駅」駅構内及びその周辺~日本の中規模なローカル駅そっくり!!

再び「集集線」に乗り、車埕からニ水迄。 // ニ水駅は「西部幹線」と「集集線」ですが、特急「自強号」は停車せず、急行「莒光号」と普通(区間車)のみが停車する駅です。 この日はこの後「嘉義」に向かう予定、普通電車(区間車)の出発時間迄少しあったの…

「車埕 Checheng)駅」周辺~貯木池、車埕木業展示館、老街とか僅かな時間で廻れます。

// 「車埕駅」の周辺は、見どころが散らばってないのでそんなに時間をかけずに廻れます。 1時間~2時間あれば充分、2本後の列車の時刻までゆっくりと散策をしました。 「集集線 」 の終着 「車埕(Checheng)駅」周辺 上には水里渓がダムによって堰き止められ…

「車埕 しゃてい(Checheng)駅」へ~「集集線 」の終着駅、観光地化しているが昔のままの姿を残している。。。

「車埕 しゃてい(Checheng)駅」へ~「集集線 」の終着駅、観光地化しているが昔のままの姿を残している。。。 「車埕 しゃてい(Checheng)駅」は、全長29.7kmの行き止まりローカル線の終着駅。 近くにディーゼル機関車と貨車が停まっていて今でも輸送とかに…

「集集線 」を線路沿いの踏切から、ならびに「集集駅」駅前、プラットホームから撮り鉄でした。。。

集集駅近くの踏切の横から、一時間に一本の割合で走る集集線の列車をショット!! 「集集線 (しゅうしゅうせん)」 「集集駅」先の踏切の横 「集集線 (しゅうしゅうせん)」 「集集駅」駅前、構内 *画像だけの羅列ですみません、台湾は鐵ちゃんの世界です…

「集集鎮」の街中を自転車に乗ってポタリング~さらにこんな処も。。。「集集老街」、「濁水渓」

集集鎮は台湾南投県の鎮、「武昌宮」以外でも見所はありますので、やはり短時間でも自転車を借りて廻るのが一番。 「集集鎮」の街中 台湾は街中を走っているのは圧倒的にバイクが多いが、こと自転車に関しては日本より進んでいます。 あの自転車メーカーの「…

「集集駅」から街中をぐるっと~「台湾中部大地震」の爪跡・・・「集集武昌宮」へ!!

// 1999年9月21日に起こった、「台湾中部大地震」の爪跡を目の前で確認する事が出来ました。 すでに18年という歳月は経っていますが、その当時の被害状況を見ることが出来ます。 「集集駅」~「集集武昌宮」 「集集線」の「集集駅」へ降りてから、集集の…

「集集線 (しゅうしゅうせん)」に乗車~まずは「ニ水(Ershuei)駅」から「集集(Jiji)駅」まで!!

// 台湾の鉄道には縦に走る幹線が島を一周していますが、その幹線の主な駅から横に走る支線があります。 台鐵運営の3支線(平溪、内湾、集集)が有名ですが、その中の集集線に乗車してきました。 「集集線 (しゅうしゅうせん)」 「ニ水駅」~「集集駅」 「彰…

「彰化」に来た第一の目的は~一応達せられたが・・・、新旧のコントラストを見られただけでも。。。

// 今回の台湾に来た第一の目的は・・・、母親が生まれ幼少を過ごした場所、そしてじいさんが戦前に着任して勤めていた国民小学校の確認は無理だったが、こんな街に暫く住んでいたのかという事が分かっただけでも収穫がありました。 母親は昨年末に、じいさ…

「三民市場 Sanmin Market」~昭和30年~40年代の日本の雰囲気がそのままに残っている!!

// 「彰化 三民市場 Sanmin Market」 この「三民市場」、アジアの都市(特にローカルな中規模以上の街)に必ず見られる光景です。 日本でも自分が小さかった頃、昭和30年~40年代にはこうゆう感じの市場って残っていましたよね。 ただ日本では昭和40年代以降…

彰化 「三民市場 Sanmin Market」~朝恒例となったローカル市場の散策をしてみた!! 

この彰化の「三民市場」は、台中の「台中市第二市場」と違い一画の室内上になっている場所はそんなに大きくないのですが(そこは民生市場)、その周りの通り沿いに店が沢山あります。

彰化名物の「水利氷屋」のマンゴかき氷と彰化名産「猫鼠麺」の猫,鼠,豚 猫鼠三寳麺と豚骨を食べてみた!!

// 今日は、彰化で食べたかき氷と名物麺を紹介します。 「彰化 水利氷屋」 のマンゴかき氷 「八掛山(はっけさん)」からの帰り道、炎天下の中歩き続けていたので喉がからからの処、道の角に氷屋さんが目に入りました。 結構お客さんも入っていて注文をとる…

彰化 「三民賓館 サンミン ホテル(Sanmin Hotel)」~もしかして、ここ♡♥ホテルなのかと、でもしっかりと宿泊しましたが。。。

ここで彰化にて宿泊したホテルを紹介します。 台中ではドミトリー(相部屋)だったので、見た目は新しく一通りのものはあって不便はなかったが、やはり相部屋というのがどうしても落ち着かなかった。 寝られたことは寝られたが、結局は夜遅くに部屋に戻って…

「八掛山(はっけさん)」~相撲の行司の掛け声「はっけよいのこった」もこの八掛から!!

「八掛山(はっけさん)」の八掛は、古代中国から伝わる易における8つの基本図像からきているもの。 「当たるも八卦当たらぬも八卦」という諺もここからだが、何と相撲の行司が掛け声を「はっけよいのこった」もここからきているとのことです。 「彰化 八掛…

彰化 「八掛山(はっけさん)」の大仏様~当たるも八卦当たらぬも八卦のはっけです!!

「当たるも八卦当たらぬも八卦」という諺もありますが、彰化市街のメインの見所ポイント「八掛山(はっけさん)」)」に行って参拝してきました。 願い事は当たって欲しいものですが・・・。 「彰化 八掛山(はっけさん)」 「孔子廟」からの道を暫く行くと…

「彰化孔子廟(Temple of Confucius, Changhua)」他~彰化駅から炎天下の中暫しの散策!!

彰化駅から「八掛山(はっけさん)」に向かう途中に、「彰化孔子廟」があります。 台湾の主な都市にはこの「孔子廟」がありますが、入場料も無料なので「八掛山」とセットで訪れる価値はあります。 「彰化孔子廟」 彰化駅の西口から東口までの陸橋を渡り、商…

「彰化扇形車庫(Changhua Roundhouse)」~蒸気機関車・ディーゼル・電気機関車が一同に集まるスポット!!

ここ「彰化扇形車庫」にある機関車はすべて現役で実際に稼働しているとのこと、さすがに蒸気機関車は何かのイベント時に出動するようですが、常にここ「彰化扇形車庫」に待機しています。 「彰化扇形車庫」 日本統治時代の1922年(大正11年)に作られ…

「彰化扇形車庫」~誰でも予約なしに入れる、台湾で唯一現存する機関庫への行き方!!

台湾で唯一現存する鉄道の機関庫「彰化扇形車庫」に行ってきました。 「彰化扇形車庫」 彰化駅を出てから一旦ホテルに荷物を預けてから、近くにある「彰化扇形車庫」に。 ここも来る前から是非行って見たかった場所。 駅からですと大きい通り「三民路」から…

彰化車站(Changhua Station)~「花都彰化」台鐵の重要なセントラルポイントになっている駅!!

彰化車站(Changhua Station)~「花都彰化」台鐵の重要なセントラルポイントになっている駅!! 「台中駅」から「彰化駅」に降り立った時、初めて来た駅なのになんか懐かしさを感じてしまい、暫くは改札をでないでホームをうろうろしていました。 この「彰…

「台中」から「彰化」へ~もちろん区間車(各駅停車)の移動で、この旅の第一目的を。。。

「台中車站(Taichung Station)」から 「彰化車站(Changhua Station)」 「台中」からこの旅の第一目的の「彰化」へ向かった時の記事になります。 以前まとめでもお話しましたが、この「彰化市」は昨年暮れに死んだ母親が生まれた街になります。 と、言って…

「台鉄 台中駅」~新、旧の駅舎のコントラストが実にいい感じを醸し出しています!!

「臺中車站(Taichung Station)」 in 台中 ~ 旧駅舎と新駅舎 台中での最後には「台鉄 台中駅」を紹介します。 「高鐵 台中駅」はここから区間車(普通列車)で10分ほどの、「新烏日駅」に接続しています。 台湾の駅はその街の位置つけも、ほぼ日本と同じで…

「宮原眼科」~台中で一番旅行客が訪れて居る場所と言ったらここでしょう!!

「宮原眼科」 in 台中 ~ 眼医者さんではありません!! 「宝覚禅寺」他その周辺を自転車で廻った後に、ホテルに戻り荷物を持って「台中駅」まで歩いて。 途中で、来る前から気になっていた場所があったのでちょこっと寄ってみました。 「宮原眼科」、という…

「臺中市孔廟」「台中一中通り」他 ~ 更に台中市街を自転車でウロウロと。。。

「台中市孔子廟(Taichung Confucius Temple)」 in 台中 「宝覚禅寺」からも比較的近い位置にあり、台湾の主な都市にも同じ孔子廟というのはいくつかあるようです。 孔子が祀られている建物だけあって、外観、中も立派な建物。 但しここには全く観光客がい…

「台中 宝覚禅寺」~この大きな黄金に輝く大仏様のにっこりと微笑んだ表情に癒される!!

「台中 宝覚禅寺」in 台中 ホテル(部屋はドミトリー)を一旦チェックアウトした後荷物を預かって貰い、そしてなんと無料のレンタルサイクがあったので、昼過ぎまでという条件で自転車で近くを廻らせて戴きました。 台湾はバイクも多いが、自転車も乗ってい…