tranning’s diary  「旅のフォトコラム」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。

「ワット スアンドーク (Wat Suan Dok)」~チェンマイのホワイトテンプル、壮大な白の花園寺院!!

「スアンドーク」が意味する「花園」は、境内の真っ白な霊廟のことで歴代の王族が眠る墓。 スコータイ様式の黄金の仏塔がすごいインパクトがあります。 チェンマイ 「ワット スアンドーク (Wat Suan Dok)」 チェンマイを都としたランナータイ王朝の第6代クー…

「ワット チェットヨーク(Wat Chet Yot)」~チェンマイの旧市街から離れているが、静かな遺跡型寺院!!

チェンマイの旧市街から離れている、見た目は遺跡という感じの寺院緑が多い静かな寺院。 インドのブッタガヤのマハーボーディー寺院をモデルにしたといわれています。 チェンマイ 「ワット チェットヨーク(Wat Chet Yot)」 メイヤーショッピングセンターの…

「ドイステープ寺院(ワット プラタート・ドイステープ)」~標高1,000m以上の山の上にあり、チェンマイ市街も眺められる黄金の仏舎利塔!!

「ドイステープ寺院」はチェンマイを象徴する寺院であり、チェンマイ観光では見逃せない最大のハイライトポイント。 ステープ山の山頂付近に位置するために、チェンマイ市街全体を見渡せるその風景が絶景です。 チェンマイ 「ドイステープ寺院(ワット プラ…

「ワット チェルディルアン(Wat Chedi Luang)」~チェンマイ最大の崩れかけ廃墟となった仏塔がある寺院!!

チェンマイの旧市街に忽然と姿を現す巨大な仏塔で、崩れかけた塔をここも「ワット チェンマン」同様に又ゾウが支える廃墟の寺院「ワット・チェディルアン」。 チェンマイ 旧市街 「ワット チェルディルアン」 チェンマイの中心となるのが、四方をお堀と城壁…

「ワット プラシン( Wat Phra Singh)」~チェンマイで最も格式が高い黄金のパゴダが眩しい寺院!!

チェンマイの旧市街の西側、スアン・ドーク門にほど近い場所に「ワット プラシン」はあります。 チェンマイで最も格式が高く、市内で最も大きな寺院、プラシンは「獅子の寺」という意味。 チェンマイ 旧市街 「ワット プラシン」 正面から入ると、本堂、お堂…

「ワット チェンマン(Wat Chiang Man)」~15頭のゾウで支えられている仏塔がある、チェンマイ最古の寺院!!

チェンマイ旧市街の城壁内の北側、チャン・プアク門の近くに「ワット チェンマン」があります。 かつては王宮の宮殿として、使われていたと言われている伝統的なタイ様式で建てられている寺院。 チェンマイ 旧市街 ワット チェンマン 旧市街の濠の外側を自転…

チェンマイ旧市街濠の外側を、まずは城壁に沿って自転車に乗ってぐるっと一周!!

「チェンマイ」のチェンは城を指している意味で、街、都市とも表わされ、マイは新しいという意味。 旧市街は城壁に囲まれ、その外には濠があります。 チェンマイ 城壁と濠「ターペー門」から チェンマイの街を廻るには、とても徒歩だけでは無理と判断し自転…

「古都チェンマイ」~ターペー門手前城壁外の街並を歩いていると、あちらこちらに必ず寺院(Wat)が・・・。

チェンマイに朝着いてから、「ターペー門」の手前の地区を1時間ばかりうろうろしているとガイドブックには載ってないが、かなり立派な寺院があちらこちらに。。。 チェンマイ 「ターペー門」 チェンマイ駅からは、「赤のソウテウ」に乗って、「ターペー門」…

バンコクファランポーン駅からチェンマイ駅までは~「SPECIAL EXPRESS NO.13」寝台列車の乗って!! 

バンコクからチェンマイに行くには、色々な交通手段があります。 タイの第1と第2の都市を結ぶのですから、一番早いのは飛行機で70分で行ける。 それも「AIR ASIA」で料金確認したら、往復で4千円ぐらいのチケットもあります。 あとバスだったら時間は、10時…

超格安航空券利用で、バンコク往復の立ち寄り空港の5つのラウンジを「プライオリティパス」にて!!

格安航空券利用でもしっかりと各空港のラウンジを使え、そこで食事が出来、飛行機が出発するまでゆっくりと、ラウンジによってはシャワーも浴びる事が出来ます。 今回バンコク往復で、成田、ハノイ、ホーチミンで1件ずつ、バンコクで2件、5か所のラウンジに…

バンコク往復で28,000円(空港税、その他諸税込)LCCよりもっとも安く、サービス抜群の航空会社~「ベトナム航空 Vietnam Airlines」!!

今回のタイ北部の旅で利用した航空会社は、「ベトナム航空」。 昨年は「スクート」、「エア・アジア」のLCCを使って「ドンムアン空港」に降り立ったが、今度はレガシーキャリアなので「スワンナブーム空港」。 ベトナムのナショナルキャリアなので、行きはハ…

33日間のタイ北部、国境周辺の旅から帰って来ました!! まずは画像はハイライトで主な処を。。。

5月9日に出発してから33日間の旅から無事に帰国致しました。 今回の旅は、ミャンマー、ラオスの国境近くの街をチェンマイ、チェンライを起点として訪問。 前後には定番のバンコク、パタヤを組み込んで。 各地での日程、宿泊数 5/9~11 バンコク 2泊 5/11~14…

「パタヤ セントラルフェスティバル ビキニ ビーチレース2019」に遭遇!!

5/9からのタイ北部とミャンマーにちょこっと入った旅も、いよいよ明日が最後になります。 6/10の朝に成田に着きますが、正確には33日間の旅でしたが、本当にあっという間。 最後に選んだ場所はパタヤ、てっ今回最初に行ったのではと突っ込まれそうですが、…

大河メコン川に沿った古都チェンセンとゴールデントライアングルへ!!

ミャンマーとの国境の街メーサイからラオスとメコン 川を挟んだ国境の街チェンセンに来ました。 チェンセンは城壁に囲まれたこじんまりとした街ですが、街の中は古いワットの遺跡がいくつも残っていて、アンコールワットを小さくしたような感じ。 遺跡もそう…

タイ最北端の街メーサイからミャンマーのタチレクへ!!

タイの一番北の街、メーサイへチェンライからローカルバスにて。 ここでは2泊してメーサイの街中を歩いて、そしてどこにでもあるような小さな川を渡るとミャンマー。 翌日に入国して午前中から午後2時ぐらいまで、歩いてきました。 なんと目と鼻の先で時差が…

チェンライの名所、ホワイト、ブルー、ブラックテンプル他を訪問!!

パーイからチェンマイ経由でチェンライへ…。 なんだかかんだと乗り継ぎを含めて、7〜8時間かかりました。 チェンライではホテルにレンタサイクルがあり、自転車で中心部のワット プラケオ、プラシンそして郊外のワット ローンクン(ホワイト),ワット ローン …

パーイ再び、温泉リゾートホテルにて3日間ゆっくり、のんびりと沈没⁉︎

メーホーソーンから再び3時間かけて、いろは坂の何十倍ものくねくねした坂の上り下り、普段仕事がらバスには乗り慣れていますが、それでも酔い止めを飲ました。 行きも同じですが、とてもチェンマイまではダイレクトに行けない。 そんなことでパーイには、行…

タイ北部山岳の街、メーホーソーンを訪ねて!!

パーイからさらに3時間山合いの街、メーホーソーンに来ました。 ここは山奥だが県庁所在地なので、それなりに色々な建物とかもあるが、パーイに比べてシーズンオフとのことなので、訪れる人も少ないよう。 昼間は40度以上になっているのか、パーイと比べても…

パーイの魅力に浸る!! タイのリゾートはビーチだけではない…。

チェンマイから3時間、山合いの街パーイにやって来ました。 ここはバックパッカーの聖地とも言われ、ファランが殆ど、日本人は全く見かけず、中国系、韓国人も個人客のみ。 GW終わると日本人全く見かけなくなります。 パーイは想像した以上に、素晴らしい山…

チェンマイ市街から自転車に乗って、メーサー滝へ!!

チェンマイでは、ちょっと郊外に行くとなるとオプショナルツアーか車をチャーターしなくてはならず、料金も高くなりそうだったので、レンタサイクルを3日間借りたので自転車でメーサー滝まで。 チェンマイから片道2時間弱、途中にはサイクリングロードが完備…

チェンマイではゆっくりするつもりでいたが、まずはレンタサイクルで寺院巡り!!

バンコクに比べてチェンマイは、広くはないが公共の交通機関が少なく、バスはあるが路線が限られており、もちろんBTS,MRTもない。 レンタモーターバイクは避けたかったので、早速3日間150パーツでレンタサイクルを借りました。 市街は車の量が多いので、バイ…

寝台列車に乗って、タイの北の古都チェンマイへ!!

バンコクからパタヤへ、そして一旦バンコクに戻りその日の夜に、バンコクのファランボーン駅から寝台列車に乗ってチェンマイへ。 日本では定期運行は姿を消してますが、ここタイではまだまだ健在。 新型車両のもあったが、あえて旧型の列車に。 日本で言えば…

タイに来たら、まずはバンコクそしてパタヤは定番、それから北部へ!!

バンコクで2日滞在して、今はパタヤに来ています! タイに来るようになってから、この二ヶ所は絶対に避けて素通り出来ない場所。 パタヤマラソン参加から、この5年間で10回くらい、その前を含めると15回は来ていることになりますが、今回は初めてパタヤ北部…

またまたタイランドに来ています!!今回はLCCでなく、超格安で快適なレガシーキャリアで。。。

GWを含めて暫く仕事が続いたので、リフレッシュを兼ねて、それでも昨年の12月以来の5ヵ月ぶり。 定番のバンコク、パタヤに滞在した後に、今回はタイ北部、チェンマイ、チェンライ、パーイ、メーホンソン、メーサイ、チェンセーンそして、タイに30日以上いる…

GWはずっ~と仕事でしたので、これからの休みを利用して暫し約一か月の旅へ出かけます!!

今の自分の立場は、世間一般の方が休まれている時期には目いっぱい働き、働き始められる時期に出来る限りの休みを取って旅に出るという生活を初めて3年目に突入しております。 特に3月、4月の春休み、GWは自分ながらも仕事をしていました。 もっとも仕事も旅…

「東メボン(East Mebon)」~干上がった池の上にあるピラミッド型寺院!!

「東メボン」は、巨大な東バライの貯水池の中心に建てられた寺院。 今は水が干上がっているが建設当時は池に浮かぶように建っていたとのこと。 . 「シェムリアップ」~「東メボン(East Mebon)」 3層の基壇の上に5つの祠堂が配されたピラミッド型の構造で、…

「タ・ソム(Ta Som)」~随所に残るレリーフと愛らしい個性的なデヴァターは必見!!

「タ・ソム」は崩壊が進んでいるが、所々に美しいレリーフや個性的なデヴァターが残っている。 ここもジャヤバルマン7世の時代にバイヨンと同じ様式で、建造された仏教僧院。 . 「シェムリアップ」~「タ・ソム(Ta Som)」 「タ・ソム」には、個性的なデヴァ…

「ニャック・ポアン(Neak Pean)」~鏡張り湖の向こうの、聖なる池に浮かぶ祠堂!!

「ニャック・ポアン」は、湖上の貯水池の向こうに浮かぶ池に浮かぶ、万病を治すと信じられていたアナヴァタブアを模して造られた寺院。 池の周辺には4つの小池が配置され、中央の池には浮島のような祠堂がそびえている。 . 「シェムリアップ」~「ニャック・…

「クロル・コー(Krol Ko)」~インドのクリシュナ神のレリーフがある、ひっそりとした寺院!!

「クロル・コー」は、ラテライトの周壁に中央祠堂や経蔵が配された、バイヨン様式のこじんまりとした寺院。 破風のレリーフは、インドのクリシュナ神が山を持ち上げるインド神話の一場面を刻んだもの。 . 「シェムリアップ」~「クロル・コー(Krol Ko)」 「…

「バンテアイ・プレイ(Banteay Prei)」~荒れた小規模の寺院、その裏の濠跡には・・・こんな群れが。。。 

「バンテアイ・プレイ」は、「プリア・カン」の先のメイン道から脇道に入った、石材が散らばった荒れていてほとんど修復もされていないような、こじんまりとした12世紀末に建てられた寺院。 . 「シェムリアップ」~「プリア・カン(Preah Khan)」 敷地内には…