tranning’s diary  「旅のフォトコラム」

旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。

ヘルファイヤ パス〜カンチャナブリーでのここがリアル「戦場に架ける橋」

カンチャナブリーに戻ってから、どうしても行ってみたかった場所。

 

「ヘルファイヤ パス」ここは正に戦場に架ける橋の舞台になった場所で、実際に戦時中に作業をしていて、ミャンマーまでの鉄道が通っていた処。


実際に捕虜になっていたオーストラリア人の方が、後日訪れて政府に働きかけて保存した。


当事者の日本はどれだけ投資したのだろうか。


展示物がある博物館と、実際に鉄道が敷かれるいたレール跡が、トレイルコースになっています。

 

カンチャナブリー来てから、雨季が終わってからのシーズンに入ったというのに、日本人見かけてません。


往復共50バーツのローカルバスを使って行きました。

 


帰国後にもっと画像を中心に、じっくりと紹介します!


取り急ぎiPhoneからの画像しか今のところアップ出来ませんが。。。

 

f:id:tranning:20191209100245j:image
f:id:tranning:20191209100220j:image
f:id:tranning:20191209100324j:image
f:id:tranning:20191209100309j:image
f:id:tranning:20191209100313j:image
f:id:tranning:20191209100242j:image
f:id:tranning:20191209100336j:image
f:id:tranning:20191209100317j:image
f:id:tranning:20191209100207j:image
f:id:tranning:20191209100216j:image
f:id:tranning:20191209100253j:image
f:id:tranning:20191209100300j:image
f:id:tranning:20191209100328j:image
f:id:tranning:20191209100249j:image
f:id:tranning:20191209100234j:image
f:id:tranning:20191209100226j:image

再びカンチャナブリーに戻って、またまた鉄道に乗りアルヒル桟道橋を歩く!!

神秘的なサンクラブリーを後にして、又4時間かかりカンチャナブリーの街へ。

今度はクワイ川に近いホテル(但し今回の方が安かった)に再び3泊、計6泊1週間滞在しましたが、まだこれでも見きれない場所もあります。


戻った翌日は、また同じ鉄道に乗り今後は終点のかなり手前のタム クラセ駅で下車。


日本では絶対に無理な、線路の上を、それも木の桟道橋の上を歩く為。


日本では線路の上を歩いている人がいますと、その周辺の全ての列車がストップし、これだけでSNS上で批判され逮捕されます。


あとここタイでは、列車の走行中はドアは開っぱなし。


日本ではこれだけで、ニュースになるのがここタイでは日常茶飯事、ごく当たり前の事。


そんな事でこの日は、スタンバイミーの世界に浸って。。。


帰国後にもっと画像を中心に、じっくりと紹介します!


取り急ぎiPhoneからの画像しか今のところアップ出来ませんが。。。

 

f:id:tranning:20191207165930j:image
f:id:tranning:20191207165924j:image
f:id:tranning:20191207165934j:image
f:id:tranning:20191207165947j:image
f:id:tranning:20191207165843j:image
f:id:tranning:20191207165920j:image
f:id:tranning:20191207165912j:image
f:id:tranning:20191207165941j:image
f:id:tranning:20191207165847j:image
f:id:tranning:20191207165917j:image
f:id:tranning:20191207165937j:image
f:id:tranning:20191207165851j:image
f:id:tranning:20191207165908j:image
f:id:tranning:20191207165830j:image
f:id:tranning:20191207165856j:image
f:id:tranning:20191207165834j:image
f:id:tranning:20191207170047j:image
f:id:tranning:20191207165824j:image
f:id:tranning:20191207165901j:image